☆彡「ヘアドネーションをご存知ですか?」☆彡

ノーダスからの「れんらく帳」をご覧のみなさま、
こんにちは!担当の相本康徳(アイモトヤスノリ)です。

今回は、ヘアドネーションのお話です。
「ドネーション」とは、「寄付」という意味で、つまりヘアドネーションとは、髪の毛を寄付するということになり、その寄付された髪の毛でメディカル・ウィッグ(医療用かつら)を作り、無償で提供することです。

ヘアドネーションは、アメリカで始まった慈善活動で、日本では2009年にあるNPO法人がスタートをさせ、今では扱っている法人が複数あります。

このメディカル・ウィッグを利用できるのは、18歳以下の子どもと決まっており、小児癌や事故などが原因で、頭髪に悩みを抱える子どもを対象にされています。
申し込みや利用に費用はかかりません。

一人分のメディカル・ウィッグを作るためには、人それぞれ髪の毛の長さが異なり、短い髪の毛も混ざっているため30~50人のヘアドネーションが必要とされています。
ヘアドネーションをするには、「まっすぐな黒髪でないといけない」という決まりはありません。
ブリーチやパーマをした髪また白髪やグレイヘア、そして程度が軽ければダメージヘアでも大丈夫です。
年齢や国籍、性別も問いません。海外からのヘアドネーションも受け付けています。

ヘアドネーションをするには、通常は31cm以上の長さ、女の子のロングヘアウィッグを作るには、50~60cm以上の長さが必要とされています。
つまりドネーション用の髪の毛の長さが60cmということは、実際にはそれ以上に伸ばさなければいけません。
60cmのヘアドネーションをしても十分なくらいまで伸ばしたことがある方は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ご興味のある方は、『ヘアドネーション』で検索してみてください。

------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2021,株式会社ノーダス 禁無断転載

お電話でのお問い合せ
(受付:平日10時~17時)

フリーコール 0120-378-781

FAX 06-6263-8820