その年の1月1日から12月31日までの1年間に暦年贈与の方式で受けた財産の合計額が110万円以内であれば、贈与税は課税されません。つまり、毎年贈与税の非課税枠が110万円分あるということ。

平成30年分の非課税枠は今年の12月末までしか使えず、翌年への持越しはできません。

配偶者・子供・子供の配偶者・孫など、可能な範囲で多くの親族に財産を贈与しましょう。
貰った人は誰でも、年間110万円までなら贈与税ゼロです。

贈与したお金を子が無駄使いするかもしれない・・・
それが心配でなかなか贈与に踏み切れない親も結構多いもの。
そんな時は生命保険との組み合わせで解決できるかもしれません。

親が、子に贈与した現金を使って子に保険契約を締結して頂きます。
例えば、『契約者:子、被保険者:親、保険金受取人:子』です。

こうしておけば子の無駄使いが防げるとともに、
将来親が亡くなった時には子が確実に死亡保険金という現金を手にすることができます。
相続税の納税資金や遺産分割の調整金として自由に使うことが可能です。

PDFファイルをダウンロードする

お電話でのお問い合せ
(受付:平日10時~17時)

フリーコール 0120-378-781

FAX 06-6263-8820